体にいい油と体に悪い油があることを知ろう!

 

油

全ての油が悪いワケではない?

多くの人が油と聞くと、何となく悪いイメージを持たれるのではないでしょうか?

ですが、油も種類が沢山あり、中には絶対に必要なモノ、普段摂取できていない人が多いが、摂ったほうが良い油などがあります。

人間は、三大栄養素である糖質、たんぱく質、脂質がどうしても必要であり、その三大栄養素の中に脂質が入っているワケですから、当然油から摂取しないといけないのです。

今回は正しい油の知識と、どうやって摂取したらいいか?この辺りを語っていこうと思います。

油は非常に重要です。

しっかりと覚えておいて下さいね。

まずは、油の種類を知ろう!

では、まず最初に油の種類を知ってもらおうと思います。

何も、ごま油やなたね油などの一つ一つの種類を知ってもらおうというワケではありません。

大きな分類を知っておいて欲しいのです。

脂肪の種類

油は大きく二つの種類に分けられる!

図を見ていただくと分かるように、脂肪(油)は大きく二種類に分けられます。

それが、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸というのは、あなたもよく口にするお肉などに含まれている脂肪酸で、体の中で固まりやすいので、摂りすぎると血管が詰まったり、血液がドロドロになったりと様々な障害を引き起こします。

お肉の食べすぎが体に良くないといわれる所以の一つですね。

しかしながら、飽和脂肪酸は摂取しなさすぎるのも良くないそうで、全く摂らないと脳出血の確率が高まるそうです。

適度なバランスを考えて摂るようにしましょう。

また、一方で不飽和脂肪酸というのは、三つの種類に更に分けられているのが分かると思います。

これらは、オメガ3、オメガ6、オメガ9といった分類に分けられるのですが、摂取するバランスが非常に大事です。

飽和脂肪酸を含め、油の理想的な摂取バランスは、

飽和脂肪酸:(オメガ3、オメガ6):オメガ9=3:3:4

で、オメガ3とオメガ6のバランスは、

オメガ3:オメガ6=1:4

が理想とされています。

飽和脂肪酸が、動物性の脂で、不飽和脂肪酸が植物性の油ですから、全体のバランスが崩れないように上手く摂取できないといけないということですね。

「お肉だけの摂取、植物脂だけを使用しまくる」ということは避けるようにしましょう。

オメガ3が圧倒的に不足している!

動物性油と植物性油のバランスの取れた摂取も大切ですが、我々現代人にはもっと大きな問題があります。

それが、オメガ3とオメガ6のバランスです。

上記では、1:4が理想的なバランスだと話しましたが、現状、私達は1:20とか、酷い人になると1:80くらいでオメガ6を摂りすぎているのです。

これは、要はオメガ6が外食や加工食品などに大量に含まれているコトに原因があります。

オメガ3もオメガ6も必須脂肪酸と呼ばれるもので、体にとってなくてはならない大切なもの(必須脂肪酸は体で合成できないので、体外から摂取しなければならない)ではあるのですが、オメガ6ばかりを摂っている私達は体内の炎症をまねいているのです。

一方オメガ3は全くといっていいほど取れていません。

血液をさらさらにしたり、発ガンを抑えたりするなど非常に大切な油なのですが、酸化しやすく保存も効きにくいため、自分で意識して摂らなければないのです

ですから、加工食品や外食は控え、亜麻仁油などのオメガ3の油を一日スプーン一杯ほど、意識して摂取するようにしましょう。

亜麻仁油

余計な油を摂らないにして、亜麻仁油などを意識して摂るようになれば、自然と1:4のバランスになっていくからです。

※オメガ6は料理を炒めたりするときに使用しますから、ほぼしっかりと摂れています。

当然、生魚(青魚)などにもオメガ3はふくまれているので、積極的に生の魚も食べるようにするといいです。

最悪なのが、トランス脂肪!

飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸は、自然界の中に存在するものですが、トランス脂肪と呼ばれるものは人工的に作られた油で最悪です。

トランス脂肪酸というのは、マーガリンやショートニングに代表されるもので、高価なバターに比べて安いことから沢山の人が使うようになりました。

害がなければいいのですが、本来自然界に存在しないものなので、当然体に悪いです。

代表的なトランス脂肪酸の害としては、細胞の内側に栄養が取り込まれなくなって細胞が破壊、老化や肌荒れの原因。

更には血管系に重大な病気をもたらし、心筋梗塞、EDの直接的原因になりうるのです。

既に、カナダ、デンマーク、イギリス、アメリカなどでは規制がかかってきており、

「トランス脂肪酸は安全とはいえず、摂取量の削減で年間2万件の心臓発作と7000人の死亡を減らせる!」

と発表しているくらいなのです。

にも関わらず、日本では未だに平然とトランス脂肪が使われており、表示義務さえないため、野ざらし状態となっています。

こうした油を摂取しないようにするためにも、コンビに弁当や加工食品などにはあまり手を出さないようにするのが無難といえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

油に対する知識が増えませんでした?

多くの人が油に対しての知識をしらないため、知らず知らずの内に甚大な病気をまねく原因を摂取していたりするのです。

勿論、精力を減退させる大きな原因もこの油が関わっています。

どの油を摂取するかによって、血液のさらさら具合も変わってきますし、体調の良し悪しも変わるからです。

こうしたコトにならないためにも、日頃から油に対して意識を高め、摂取しないといけないもの、摂取を控えないといけないものを考えながら、食事をするようにしましょう。

たったこれだけの意識の違いが、後々大きな結果となって体に表れてくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。