男性更年期予防にも役に立つ、酵素断食!

 

男性更年期

男にも更年期障害があると知っていましたか?

通常、更年期障害と言われると50代くらいの女性がなる症状だと思っている人が多いです。

女性は、40代くらいから女性ホルモンの低下が見られ、完全閉経が起こり、体内環境の変化を実感するようになります。

完全閉経から数年後、ホルモンの低下により起こる体内環境が起因で起こる様々な症状、これこそが更年期障害であり、体が急にカーッと熱くなったり(ホットフラッシュ)、胸がどきどきする(動機)、なんとなくイライラしてしまう!といった症状が現れるようになります。

では、男性はどうか?というと同様に更年期障害があります。

理由は当然、男性ホルモンの低下です。

男性ホルモンは、非常に大きな働きをしており、骨や筋肉を大きくし、強度を維持します。

更に、細胞内にあるミトコンドリアの働きを活性化させ、内臓脂肪やコレステロールの増加を抑えます。

このような男性ホルモンですが、約95%が精巣で作られるテストステロンと残りが副腎から分泌されるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)などで構成されています。

そして、テストステロンは性欲や性機能の維持、精子の生産など、男性機能に関わるあれこれを担っているワケですから、勃起の際に重要な役割を果たしているのです(大きな部分で言えば、勃起に必要不可欠なNOの放出などもテストステロンのおかげ)。

テストステロンがしっかりと働いていないのであれば、当然、勃起はしにくくなるわけですから、結果EDとして表面に現れてきやすいのです。

男性更年期障害で現れる主な症状

では、実際に更年期障害で現れる主な症状を紹介しておきます。

男性ホルモンの低下が起きると、このような男性更年期症状が現れるようになると言われています。

  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満、高血圧、高血糖、脂質異常の内、二つ以上を合併した状態)
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 筋肉痛
  • 疲労感
  • トイレが近くなる
  • 体の火照り
  • 発汗
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • イライラ
  • 不安
  • 抑うつ
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下
  • 不眠
  • ED

このように、多くの症状を抱えるようになり、重度のうつ病患者なども同様にテストステロン値が低いことが観察されているようです。

非常に女性の更年期障害と似ているのですが、このような問題が中高年となり男性ホルモンの低下から起こる問題を正式に「加齢男性性腺機能低下症候群」、略して「LOH症候群」と呼ぶのです。

ですから、更年期障害の予防を始める基準に「朝立ちはあるか?セックスの際の勃起は十分か?」などが使えることになります。

男性ホルモンの低下がみられると、真っ先に症状が現れやすいのが男性機能でもあるからです。

男性ホルモンの低下とリンクする潜在酵素!

以前、潜在酵素は年齢と共に低下していく!という内容のことを書いてあったのを覚えているでしょうか?

この潜在酵素というのは、20代をピークにして、どんどん減っていき、40代になるとその体の酵素量は一気に目に見えて減るようになります。

特に、40代から不調を感じるようになる人が多いのは、こういったコトが原因です。

酵素というのは、どういった内容のものだったか覚えていますか?

そうです、体のバッテリー役で、全ての生命活動において必要なものです。

つまり、男性ホルモンの生成に対しても酵素が必要なのです。

ですから体内酵素の全体量が大きく減ると、ホルモンの生成能力もガタ落ちしてしまいます。

結論を言うと、男性更年期障害を予防しようと思ったら、代謝酵素量を増やし、男性ホルモンの生成量を増やす必要があるのです。

適切な食事、適度な運動、酵素断食!三つを行えば、男性更年期は防ぐことができる!

私がブログ内で書いてある、食生活の見直しと軽い運動、朝のご飯を抜く半断食プランとは?や、二日半酵素断食プランを取り入れた、効果の高い精力増強方法!などの記事は、まさにコレです。

代謝酵素を増やすための食生活や運動、断食のやり方などを書いています。

更年期障害を予防するためには、これ以上ないと言っていいほど効果を発揮するでしょう。

精力を取り戻すと共に、様々な病気に対する予防に使えます。

面白いホルモン、男性ホルモン!

少し話はズレますが、これは非常に面白い内容だなぁ!と思ったことがあります。

それは、男性ホルモンというのは物事が上手くいったり、褒められたりすることで、男性ホルモンの分泌量は増えるそうです。

逆に、男性ホルモンの分泌を大きく減らす原因になるのが、ストレスです!

なんと、外部からの影響にも男性ホルモンは影響するんですね。

褒められたりすると、男性ホルモンが増加するって面白いですよね?

 

そして、ストレスの耐久性を上げたり、緩和をするのに、大事なのはセロトニンです。

セロトニンは、前も話しましたが、覚醒を促してくれる成分でもあり、ストレス緩和の作用があるのです。

セロトニンは、自律神経のバランスを整え、交感神経、副交感神経がスムーズに交替するように働きかけてくれます。

このセロトニンを増やすためにも、酵素は非常に大きな役割を果たしていますし、適度なリズム運動であるウォーキングは最適です。

是非、私が記載しているメニューを普段の生活に取り入れて、更年期障害を吹き飛ばして欲しいと思います!

精力を増強させるには酵素が重要!を読んでみる。

食生活の見直しと軽い運動、朝のご飯を抜く半断食プランとは?を読んでみる。

二日半酵素断食プランを取り入れた、効果の高い精力増強方法!を読んでみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。