精力増強サプリで更なる精力増強を目指す!

   2015/10/04

サプリメント

精力をつけるのに必要な栄養分はサプリから補おう!

食事の見直し、酵素断食などで、体の基本的な身体機能を上げる重要性は分かって頂けたと思います。

しかしながら、それでも精力を増強させる成分、滋養強壮成分などは中々摂取出来ません。

それはなぜか?

精力増強、滋養強壮にいいとされるような成分を含む食べ物は高いし、珍しいからです。

例えば、精力増強といったら、スッポンや高麗人参、マカ、クラチャイダム、マムシ、牡蠣などが挙げられますが、全て高額ですし、珍しいですよね?

ですから、本当にたまにしか多くの方は食べられませんし、摂取できていないのです。

精力増強サプリは薬ではない?

これは、結構多くの人が勘違いしているのですが、精力増強サプリは薬ではありません。

バイアグラ、シアリス、レビトラなどが薬に当てはまるのですが、ああいったものは短期的に勃起させるものであり、副作用もあります。

しかしながら、精力増強サプリは男性機能を上昇させるための栄養素を補給することができるので、副作用もなく、自然な勃起力を取り戻すことができるのです。

当然、精力を増強できるのですから、体全体が軽くなり、元気ぴんぴんに生活できるようになります。

セックスやED改善が目的でないにしろ、健康を保つという意味でも活用する方が良いでしょうね。

現在のサプリは大幅にその質が良くなっている

インターネットの普及により、近年は精力増強サプリなど、一般的に求めにくい商品が自宅から誰にも知られずに購入することができるようになり、爆発的にその需要が高くなりました。

ですから、昔は粗悪な商品があったものの、最近はかなり改良され、多数の有効成分を含んだ商品が出るようになっています。

ザ・ゴールド

私が愛用しているのは、ザ・ゴールドと呼ばれる精力剤ですが、非常に多くの栄養分を含んでいてお勧めです。

酵素断食と合わせて飲用すれば、おおよそ三ヶ月ほどで、間違いなくEDも改善されるでしょう。

ザ・ゴールドや他のサプリなども別のページでレビューしていますので、購入する際の参考にしてみてください。

精力剤おすすめレビューを見てみる⇒

精力増強サプリも食生活の見直しをしないと全く意味がない!

これも当たり前のことなのですが、精力増強サプリは薬でもなく、健康補助食品なので、普段の食事が悪いと全く効果をなしません。

基本的にEDを改善するためには、性的刺激(視覚、聴覚、触覚、想像など)を正常に感受し、それが脳から神経へと正しく伝達され、血液の巡りを良くし、ペニスに正常に流れるようにしなければいけません。

つまり、折角、精力増強サプリで補った栄養も他の食事が悪いと、体内に吸収されなかったり、摂取しすぎになったりするのです。

要は、医食同源!

口から入る食べ物で人間の体は構成されるので、医療と同じくらいに摂取するものは気をつけないといけないのです。

精力増強サプリを飲む際の注意点!

いくら精力を早く回復したいからといって、決められた摂取量より多く摂っても意味がありません。

なぜなら、吸収される栄養素の量も決まっているし、摂りすぎたことで悪影響を及ぼすこともあるからです。

ですから、ゆっくりと長期的な目で精力を取り戻すことを考え、最低でも三ヶ月以上は飲み続けるようにしましょう。

また、色んな精力剤の”飲み合わせ”などを行う人がいるのですが、わたしはお勧めしません。

理由は、先ほども言ったように栄養素の過剰摂取を避けるためと、折角考えられて作られたサプリの配合を乱す可能性があるからです。

精力剤の中には、シトルリンやアルギニン、亜鉛など、勃起や精子を作るのにいいとされる成分がいくつかありますが、それを単体で摂っても意味がなかったり、摂りすぎると逆に効果が悪くなるものもあります。

例えば、シトルリンなどは血液量を増大させ、血管を拡張させるのでペニス増大にいいとされるのですが、それだけが入ったようなサプリメントがあります。

これは全くの無駄なサプリメントで、体内に蓄えられる量はある程度決まっているので、過剰摂取となりますし、思った以上の効果が得られないこと多いですね。

サプリメントでも、非常に中身は貴重なものが入っているので高価なものが多いですから、しっかりとした成分、配合をしてあるサプリを選びましょうね。

 

さて、精力増強サプリの大まかな説明が終わったことですし、最後の精力増強のためのトレーニングにいきましょう。

精力増強トレーニングといっても、大したことはしません。

要は、適度な運動をしないといけませんよ!といった話です。

コチラからどうぞ⇒運動しないから、男性機能も低下する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。