どうして精力が減退するのか?豊かになりすぎた私達!

   2015/10/04

豊かになりすぎ

EDに悩みを抱える人は増え続け、2000年辺りから1000万人以上に上ると言われています。

まず、あなたにも知って欲しいことの事実として、EDに悩みを抱える人はどんどん増え続けている!というコトです。

これは、1998年の「日本性科学情報センター」による疫学調査により分かっていることで、31歳~79歳の男性を調査したところ、実に1130万人がEDに悩んでいるコトが判明しています。

ちなみに、1987年の段階では、約300万人ほどだったそうで、たったの10年くらいで4倍くらいのED患者が増えていることになります。

この上昇傾向を見る限りでは、今は更に増えている可能性が高いでしょう。

私には想像すらつきません。

でも、なぜここまでEDに悩む人が増えてしまったのでしょう?

私が勉強をし続けた結果、いきついた答えを紹介します。

日本は豊かになりすぎた!

小見出しにある通りです。

答えはコレ、

日本が豊かになりすぎた!

からなのです。

つまりは、物が溢れ、食べ過ぎる人が増えたというのがED患者を増やす原因だったのです。

 

突然ですが、あなたは人間が活動する上で最も大切なものをご存知でしょうか?

それは、酵素です。

酵素がなければ人は、本を読むこともできなければ、運動をすることもできません。

いや、それどころか、話をすることも、笑うことも、排泄することも、呼吸をすることも、心臓を動かすことすら出来ないのです。

(※酵素に関する説明は別途していきます。今は簡単にED患者が増加している理由を説明していきますので、このまま読み進めて下さい。)

で、この酵素ですが、大きく分けて二種類のものに分類されます。

それが、消化酵素代謝酵素と呼ばれるものです。

名前でおおよそ検討がつくとは思いますが、消化酵素は体内に取り入れた食物を消化する際に使用される酵素であり、代謝酵素は細胞の再生や自然治癒力など、大切な生命活動をする際に使われる酵素のことですね。

で、ここからが大事な話なのですが、酵素は一日の内で生成される量は大体決まっています。

そして、この酵素は一方に多く使用すれば一方が使用できる量が減ります。

つまり、暴飲暴食をすればするほど、消化酵素で無駄な酵素の消費を行うことになり、大事な代謝の方に酵素が回せなくなるということです。

酵素の使用量の内訳

昔から、貧乏人の子沢山!って聞きますよね?

アレにはちゃんとした理由があって、食べ過ぎない・・・・いや、食べれないから結局、代謝の方に酵素をふんだんに回すことが出来るため、子供が出来やすくなるのです。

当然、代謝を上げるということは、人の基礎力全体を底上げしてくれるのですから、精力も増強し易いのです。

若々しい有名人はみんな小食?

実は、この”私達は食べ過ぎている”というものは現在非常に注目されています。

私が写真でアップした本を見ていただいても分かるように、少しずつ本屋さんでもこういった小食を促す本や、消化に良い食べ物などを紹介することが多くなってきました。

それだけ食に対する在り方というものが見直されてきたのですね。

誰もが知っているような有名人達も実は小食です。

タモリさんが一日一食なのはご存知ですか?

ビートたけしさんが一日一食なのはご存知ですか?

水谷豊さんが一日一食なのはご存知ですか?

ガクトさんも一日一食なのはご存知ですか?

元ピンクレディーのミーさんが一日一食なのはご存知ですか?

ジャパネットたかたさんが一日一食なのはご存知ですか?

ビルゲイツもオバマ大統領も超小食なのはご存知ですか?

スティーブジョブズも断食やベジタリアンだったのをご存知ですか?

彼らに共通して言えること・・・・

これは、みんな実年齢に比べて非常に若く見えるということ、そして、実際にありえないほど精力的に活動を続けているということです。

最近有名な方で、南雲医師という方がいますね?

南雲医師

どうです?ありえなくないですか?

この方、この外見で50歳を超えているんですよ?笑

あまりにも、若々しく、カッコよすぎですよね。

この方が提唱している一日一食ダイエットなどは非常に人気を博し、今ではメディアにも引っ張りだこですね。

要は、一日一食にすることで、飢餓状態にもっていき、延命遺伝子を活発化させることで、肌を若々しくしたり、体中の痛んだ箇所を回復させることにより、この若さを手に入れているのです。

栄養失調になるのではないか?

もしかしたら、ここまで読まれた方の中にはこう思った方もいるかもしれません。

「そんなに食べないと、栄養失調になるんじゃあ?今までの世界共通認識の一日3食しっかり食べるってのはどうなったの?」と。

勿論私も最初はそう思っていました。

「いやいや、一日3食、無理してでも食べてないとスタミナが持たないでっしょう?」

ってね。

ですが、勉強を進める内にそれは間違ったコトなんだと気が付きました。

上記では、一日一食が大切なように感じたかもしれませんが、実は朝のご飯が一番悪いそうです。

人間本来の生理リズムとしては、朝は「排泄の時間」なんだそうです。

そして、この時間にご飯を食べるとかえって体に負担がかかり、本来出せるはずの宿便も出なくなるそうです。

朝ごはんを食べないと、便が出ないと思っていた私はかなり自分が無知なことを知りました。

当然、宿便をしっかりと出さないと、どこかに不調を来たして、病気になりますよね?

 

そして、私が一番驚いたのは、「一日3食食べ、それを消化するのにかかるエネルギーというのは、なんとフルマラソンを走るのに匹敵する」という内容です。

これは、健康理論「ナチュラル・ハイジーン」で提唱されている内容であり、「ナチュラル・ハイジーン」とは西洋医学に疑問を抱くアメリカの医師達によってしっかりと体系づけられた健康理論でアメリカでは既にかなり浸透しているようです。

NAVERまとめでも取り上げられていますね。

あのマドンナもやっているナチュラル・ハイジーンって何?

一日3食を消化するのに、フルマラソン並みのエネルギー?

そんなに私達は一日の活動をエネルギッシュに行えているのでしょうか・・・・?

だから、使い切れなかった栄養分はお腹周りの中性脂肪となって体に悪影響を与えているんですね。

つまり、一日3食によって、栄養がしっかりとれるのではなくて、一日3食食べることによって、栄養を取りすぎているのです。

間違った教育やいい加減なマスコミの情報のせいで、私達は謝った食生活に対しての理解をしています。

それをしっかりと修正していきましょう。

大事なのは消化のエネルギーを押さえ、基礎代謝を上げること!

ここまでお話してきたら、あなたも分かったと思います。

大切なことは、消化を押さえ、基礎代謝を上げることなのです。

そして、その鍵を握るのが、途中でも紹介していた酵素です。

これを上手く活用していくことがあなたの精力を取り戻す秘訣となるのです。

次の記事では、酵素に関する説明とその大切さ!これを語っていきます。

コチラからどうぞ!

精力を増強されるには酵素が重要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。